仮想通貨市場は2018年初頭現在、数百億円単位のネム流出事件などがあり一時的に相場の上昇にストップがかかっていますね。

ですが小売店での決済の使用や、企業の資金調達方法としての利用など、まだまだシェアの奪い合いすら始まっていません。

更にこれから色々なところで導入が始まり、シェアで優位に立った仮想通貨の価格は億万長者を大勢作り出すと思います。

今のところはビットコインによってごく少数の運任せに近い「億り人」が少数生まれているだけですが、2018年後半以降はそれぞれの仮想通貨のメカニズムの優位性に目をつけて投資をした人が、なるべくして「億り人」になる時期が来るでしょう。

ビットコインは開発者の国籍が、存在すら定かでないほどの謎に包まれていましたし、ブロックチェーン技術を使った暗号通貨としては現在となっては特別優秀でもありません。

ですが、ほぼ唯一の先行者だったことで数万倍という爆発的な利益を生み出しました。

しかし今後はそういうラッキーは二度と来ないと思います。

優れた機能を持つ仮想通貨が市場の皆に評価され、安定して確実に数十倍から数百倍程度の利益を生み出していくのではないだろうかという風に私は考えています。

大手の仮想通貨の中では開発者の技術が最も高いと言われているイーサリアムも十分に優秀な仮想通貨としての資格はあります。

ですが、それ以上に私が遠くない未来に社会全体からの需要が高まり、価格が上昇していくだろうと見ているのがリップルです。

リップルの特徴を上げていくと、ビットコインやイーサリアムを含めた一般的なブロックチェーン技術を使った仮想通貨とは全く異色の存在です。

リップルの技術上の相違点の中で投資に直接関係してくると思われることだけを述べていきますと、次のようなものがあります。

まずリップルにはマイニングがありませんので発行枚数は初めから決まっていて(1000億枚)当然増えることもありません。

そしてリップルの取引に関しては、台帳が分散しているので運営しているリップル社がなくなったとしても突然運営不可能になるわけではありません。

ですが中枢部分は、リップル社が担っているので大打撃を受ける可能性があります。

しかしリップル社に資金提供しているのは、Google、Apple、Microsoftその他のアメリカを代表する企業ですから機能不全を起こすというのは全世界が再起不能の大恐慌になるレベルの話ですから危険性に備える必要はないでしょう。

ちなみに日本では三菱ufj銀行が送金システムに全面的に取り入れようとしていますのでこれも注目を浴びればリップルの価格上昇につながると思います。

なぜこんなにも大企業からリップルが愛されるかというと、ざっくりと言えば一番重要な部分に最新技術を使わず、時代遅れのまままにしてあるからです。

ビットコインなどの通常のブロックチェーン技術を使った仮想通貨は、すべての取引に関して毎回不特定多数の人間が関係しその取引が正しいかどうかを確認する作業が行われます。

そういう非中央集権制があるからこそ、管理主体がいなくても通貨として通用していくし完全匿名な仮想通貨を作ることも可能なわけです。

ところがリップルの場合は、この仮想通貨を仮想通貨たる所以であるトランザクションの部分に、リップル社が思い切り介入して早く言えば、強くて信用のある者達だけによる単純化を図っています。

取引に関するすべての情報がリップル社の手の届くところにあるというのは、賛否両論を産みますが投資対象を取ってみた場合はメリット満載です。

まず匿名性が低いので、犯罪に利用されにくくなったり国家が課税しやすくもなります。

つまり日本において三菱ufjのような大きな銀行が導入するにあたっても、ためらわずに済むということです。

そしてリップルの上り調子の未来を決定づけたのが中国政府で、基本的に中国政府が中国国内での仮想通貨の流通を全面禁止しましたが、リップルに関しては決済に使うことを許可しました。

これは特別扱いというよりは、リップルが本質的に持つ取引追跡の容易さということに中国政府がなびいたのであり、基本的には三菱ufj銀行が安心して決済に持ちようとしているのと同じ理由だと思われます。

そしてリップルがブロックチェーン技術を使わなかったことに関して、批判的なスタンスで「中央集権的」と言われることもあります。

ですがその中央集権的にしたことによって、取引の判定が簡略化しビットコインが10分かかる送金を4秒で片付けることが可能になりました。

ですので、金融機関にとってはリップルはとてもありがたい存在でしょう。

いくら便利なものであっても実社会の中で導入する、強い権力を持っている人間たちが同意してくれなければ絵に描いた餅になります。

上述したようにリップルの場合は新技術と古い体制の両方の上手い折衷案として登場しました。

長期間の投資ということで考えた場合には、非常に強くて唯一無二の独特な属性を持った仮想通貨だと思われます。