仮想通貨という言葉は、もう既にご存知の人も多いでしょう。

もちろん仮想通貨と一口に言っても、色々な種類があります。

その中の一つに、リップルと呼ばれる仮想通貨があります。

これは2004年に作られた通貨で、XRPという単位で表記されており、かのグーグルも出資を行っています。

通常仮想通貨というと、ビットコインに代表されるように、国家や金融機関の裏付けがなく、ネット上で取引されるものというイメージが強いです。

しかしリップルの場合はそれとは異なり、銀行間の取引を迅速に、しかも少ない手数料で行う目的であるのが特徴です。

しかも決済に関していえば、ビットコインよりも早く行えるため、ビットコインの欠点を補う働きがあるといわれてもいます。

銀行間の取引をスムーズにするために作られた仮想通貨であるため、大手の銀行がネットワークに参画しています。

実際にこのリップルを使った場合、普通では最低でも数時間かかる送金を、数秒で行うことができ、この点では他の仮想通貨の追随を許さないものがあります。

またリップルの場合は、ビットコインよりも上限額が大きくなっています。

ビットコインの場合は2100万枚ですが、リップルの場合は1000億枚です。

ただしこの2つは仕組みがかなり違います。

ビットコインの場合は0から始まり、取引のたびに2100万枚に近づて行くのに対し、リップルの場合は、最初から1000億枚が準備されており、取引が行われるたびに、その残額が少なくなって行きます。

それから購入方法ですが、リップルもビットコイン同様に購入したり、あるいは人からもらったりすることができます。

また採掘、いわゆるマイニングも可能です。

しかしここでも大きな違いがあります。

PCを利用して演算問題を処理する、ここまでは同じです。

ただしリップルの場合はその処理により、研究開発などに関与した場合に受け取ることができます。

同じ仮想通貨ではありますが、ビットコインとはこれだけ特徴も目的も異なるのがリップルです。

またビットコインの場合は、誰が作り出したのかははっきりしていませんが、リップルの場合は創業者がはっきりしています。

またビットコイン同様、リップルにも相場がありますので、投機商品として使うこともできます。

仮想通貨といえば、とかくビットコインを連想する人も多いのですが、このリップルのように、銀行間の取引をスムーズに、しかも手早く行うためのコインもまた存在するのです。