アルトコインというのをご存知でしょうか。

いわゆる仮想通貨の一種ですが、仮想通貨の代表的存在ともいえるビットコインとはまた異なります。

アルトコインとはオルタナティブ・コインの略称で、代替となるコインのことです。

この代替とは、ビットコインの代わりになるという意味で、そのためビットコイン以外の仮想通貨を、このように呼んでいます。

そもそもビットコインは採掘(マイニング)によってコインを入手して行きます。

そのためにはコンピュータで計算問題を処理する必要があるのですが、上限枚数が2100万枚と決まっており、上限に近づくほど難易度も上がって行くことから、その代わりの仮想通貨が作られるようになりました。

そのアルトコインには、リップルやイーサリアムなどがあります。

リップルはビットコインとは異なって、創業者が誰であるかがはっきりしています。

またネット上の取引主体というよりも、銀行の送金を手早く行うための仮想通貨という位置づけで、そのため大手銀行が、このリップルを使うシステムを採り入れています。

それからイーサリアムですが、この仮想通貨の特徴はスマートコントラクトです。

スマートコントラクトというのは、取引上の契約を自動的に保存しかつ実行して行きます。

たとえばある人に送金をした場合、ビットコインでは取引がブロックチェーンで管理されますが、イーサリアムの場合は、その内容も一緒に管理されます。

これらのデータをネットワーク上で保存でき、しかも改竄することができないため、信頼がおける仮想通貨となっています。

そしてライトコインがあります。

このライトコインは、ビットコイン公開から2年後に作られた、日常利用を目的とするアルトコインで、送金時間がビットコインに比べてかなり短縮されています。

ただし時間が短縮される反面、安全性に問題ありともいわれています。

ただ今ではさらに時間が短縮される仮想通貨も登場していますので、今後の改善が期待されるところです。

その他にもアルトコインは数多くあり、現在知られているのはほんの一部に過ぎません。

先行のビットコインの欠点を補う形で登場したものが多く、今後は仮想通貨によっては、大きく発展する可能性もあります。

またリップルのように、普通の仮想通貨とはちょっと違った目的に使われるものもあります。

アルトコインをはじめとした仮想通貨を始める場合は、自分のニーズに合わせたもの、安全性が高く、割安で購入できるものをチェックしたうえで、始めるようにしましょう。