アルトコインの買い方や将来性って気にらない?

アルトコインの買い方や将来性について詳細をまとめました

カテゴリー: アルトコインについて

リスクはリスクが高かった

3月ごろに今まで買っていなかったリスクを買ってみたところ1リスクおよそ3,000から1,500まで落ちてしまいました。

アルトコインはネットニュースにもなりづらく、ビットコイン等の有名通貨に比べて、なかなかに読みづらく、読みづらくと言うのは予想しづらいと言うことである。

これから買おうとしたら有名な通貨を買うべきであると私は深く思いました。

ただ、リスクが3,000から1,500になったと言う事は1,500から3,000になることもあり得ると言う事だと私は思った。

そのタイミングを掴むのがなかなか難しいと思うが、ニュースになる有名なコインなら高くなると安くなるかが掴みやすいと思います。

少し前に仮想通貨が危険だと言われる原因の事件ネムのハック事件が起きました。

その事件により多くの人が仮想通貨から手を引いたと思います。

しかしその事件により仮想通貨と言うものを知りやってみようと思った人もかなりの人がいると思います。

ぶっちゃけ、今から始めるには遅すぎると、私は思います。

遅いと言うのは大きな利益を得ようと思ったら、と言うことです。

これから始める人は元手がかなりの金額必要だと私は思います1,000,000程度では、少しずつ確かに稼げますが大きな利益は生まないと思います。

大きな利益を得ようと思ったら自らで仮想通貨を発掘するのが1番いいと思います。

ただ機材による電気代が多く必要と言うことがネックです。初期投資と継続と発掘はいわゆるクイズみたいなものだと私は思っています。

どういうクイズなのかいちど調べてみたところ、私には発掘はできないんじゃないかと思いました。

個人的にはできると思って調べてみたんですかいろんなネットのサイトに書いてある発掘はクイズみたいな1番はじめに答えた人間がそのコインを手に入れる。

アメリカのゴールドラッシュをネット上でやってるようなものだと私は想像しました。

歴史は繰り返すと言いますが確かに繰り返すと思います。

なのでもしかしたらこれからは

  • 第1のゴールドラッシュ金
  • 第2ゴールドラッシュ株
  • 第3のゴールドラッシュ仮想通貨

私は、そろそろ第4のゴールドラッシュを見据えるべきではないのかと思います。

それが何か私は考えました。

医学等により、今まで不可能だった寿命の売買や、幸運の操作や知名度など、それらが次のゴールドラッシュのどれかじゃないかと考えましたが、今のところわかりません。

しかし考えることを私たちはやめるべきではないと思います。

仮想通貨は価値がないと言われてきました、しかしどういう事でしょう今はかなり価値があると思います。

周りの意見では価値がないと多くの人が言ってました。

周りの言葉よりも自分の先見の目を考えを持つことの大切さを学びました。

ライトコインを購入した経緯

仮想通貨を実際に取引していると、ビットコイン以外の仮想通貨にも興味が湧いてきました。

リップルやビットコインキャッシュ、イーサリアムなど人気のある仮想通貨についてはよく聞くのですが、ライトコインという仮想通貨が以前から気になっていました。

私はビットフライヤーに口座を持っているのですが、ビットフライヤーではライトコインを販売しています。

リップルのように色々な人が情報発信しているのに比べて、ライトコインの情報についてはそこまで耳にしないので、どういう仮想通貨なのかについて関心がありました。

よく聞かないと言っても、ライトコインは時価総額が上位に位置している有望な仮想通貨の一つです。

調べてみると、ビットコインとよく似た感じの通貨で、ビットコインの弱点を補う特徴のある通貨ということがわかりました。

ライトコインはアメリカでは人気のある通貨のようですが、なぜ日本では人気が上がらないのか不思議な気もします。

ライトコインはリップルのように人目を引く特徴のある通貨ではなく、ビットコインの陰に隠れているような存在のため、日本ではあまり熱烈に支持する人の話を聞かないのかもしれません。

しかし信頼性の高い仮想通貨であることは間違いないため、私自身ライトコインを購入してみました。

購入してしばらく様子を見ようと思っていたのですが、ちょうどビットコインの価格が下がってきた状態の時で、ライトコインの価格も下がってしまいました。

仮想通貨の取引をしていて痛感するのですが、ビットコインの価格がアルトコインにも大きな影響を及ぼしています。

リスクを分散させるために様々な仮想通貨を購入したのですが、結局ビットコインの価格に引きずられて他の仮想通貨の価格も動くため、リスクの分散にはなっていません。

将来的にはわかりませんが、ビットコインが仮想通貨の王様であることに今は変わりはなく、それによく似た通貨であるライトコインは、やはりビットコインの価格に非常に引きずられる仮想通貨なのだと思います。

例えば、ビットコインキャッシュは、その将来性がビットコインを超えるのではないかという話を聞くことがあります。

しかし、ライトコインに関しては今のところ日本ではあまりそういう話は耳にしません。

アメリカでは人気のある仮想通貨ということですし、まだよく知られていない魅力がライトコインにはあるのかもしれません。

日本でもライトコインを扱っている仮想通貨取引所は多くあり、その信頼性は高いものがあると思います。

時価総額上位ではあるものの、ビットコインに比べればまだ規模がかなり小さいのがライトコインの現状です。

しかしビットコインの価格が上昇すれば、それにつれてライトコインの価値も上がると思われるため、売却せずに持った状態にしています。

世界中が注目リップルの将来性

リップルはビットコインと同じ仮想通貨です。

定義としては、ビットコイン以外の暗号通貨の総称がアルトコインと呼ばれています。XRPがリップルの通貨単位です。

リップル社が発行した、リップルネットワークでのゲートウェイに必要な通貨と覚えておくと良いでしょう。

またあらゆる仮想通貨よりも群を抜いて優れたシステムがリップルにあります。

それはトレードの高速処理です。決済時間においては1トレードあたり、約4秒とリップルネットワークは非常に早いです。

またリップルの注目すべき特徴に、ビットコインと違い特定の法定通貨に縛られることなく資金の移動が出来る事が挙げられます。

要は預金口座の資金がリップルレートでXRPに交換され、受取り先の通貨に両替されるのです。

これは非常に便利ですね。

例えば外貨を持たない人が、日本でアメリカのサイトで日本円をドルに換金して、手数料を払って、、そう考えると実に手間と時間とお金を使いますよね。

これが4秒で出来るということなんです。

XRPがブリッジ通貨として世界中の仮想通貨の橋渡しの役割を担っています。

また国際送金においてIOUと呼ばれているリップルで取引した証明書が発行されます。

最近のニュースでサウジアラビア中銀が初の「決済プログラム」の試験開始したことや、中東最大級の送金サービスUAEエクスチェンジと提携したことを踏まえても世界中で注目されているのは確かですね。

日本ではSBIホールディングスが「SBI Ripple Asia」を設立し、内外為替一元化コンソーシアムを立ち上げたことで、リップルの認知度はさらに広がりました。

リップルが目指していた「価値のインターネット」の実現もすぐそこまできているようです。

リップルは銀行だけにとどまらず、世界中の企業と提携し迅速で低コストのリアル送金を目指しています。

また送金の手軽さが資金の移動を活発にし、世界中の経済が活性化されると言われています。

それ故、XRPの価値も上がるのではという見方が強くなってきました。

ダークなニュースが多かった仮想通貨業界ですが、リップルは新しいシステムの流れを予感させられます。

XRPの保有者このようなリップルの将来性にかけて、数年単位での保有を目指している方もおられるようです。

まだまだリップルの期待すべきプロジェクトは続きそうです。

ということで、ひとまずはリップル(XRP)も取り扱える、仮想通貨取引所をチェックしてみてください。

コインチェック以外にもリップルを取引う所はあるので、きっと役立つと思いますよ。

これから仮想通貨を知りたい、始めたいという方には是非知っていて欲しいコイン、リップルでした。

今年おすすめなのはアルトコインへの投資です

仮想通貨の代表といえばビットコインですが、送金詰まりや手数料の高騰、更には今年1月から2月はじめにかけての下落と、デメリットやリスクが目に留まってしまいますよね。

そこで私がおすすめしたいのは、アルトコインへの長期的な投資です。

アルトコインは仮想通貨の中で、ビットコイン以外のコインのことをそう呼びます。

アルトコインで世界的にも利用者が多いのは、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、カルダノ、ライトコイン、NEMネムコイン、NEOネオコインといったものです。

引用:一般的な仮想通貨とマイナーコインの種類

時価総額でビットコインに継ぐのはイーサリアム、リップルなどがあります。

まずイーサリアムですが、スマートコントラクトという契約内容をブロックチェーンに記録するという技術が採用されています。

ビットコインとは、ブロックを生成する時間が大きく違います。

ビットコインは1ブロック生成するのにおよそ10分かかり、対してイーサリアムはおよそ15~17秒しかかかりません。

生成するのにかかる時間が速い方が送金はスムーズなので、使用者にはメリットがあります。

2016年11月にハードフォークでイーサリアムクラシックが誕生しましたが、どちらのコインも開発者チームによってアップデートされ、より良い機能を実装することでしょう。

イーサリアムとイーサリアムクラシックは、投機的でなく将来性を見込んで投資することをおすすめします。

リップルはずっと価格が1ケタ台や2ケタ台で推移していましたが、昨年末から今年はじめにかけて400円近くまで高騰しました。

それ以前にも、リップルの持つ技術を銀行が採用して、将来的には国際送金のスピードが断然速くなり、手数料も少なく抑えられるようになると言われるなど、仮想通貨界隈以外からも注目されていました。

世界各国の中央銀行をはじめ、大手銀行などがリップルに熱い視線を向けています。

現在の価格は100円台半ばを推移しているので、これも長期的な視点で見て優れた投資対象になることでしょう。

もう1つおすすめなのが、モナコインです。

なんといっても国産のコインであること、秋葉原などのコミュニティで大事にされていることが大きいです。

これもビットコインと比べると、本来の通貨の機能を果たしていることが大きいです。

モナッピーというサイトで、投稿されたイラストや文章に対して投げ銭として使われたり、フリーマーケットに出品して報酬として受け取ったりと、やり取りが活発に行われています。

モナコインも昨年秋頃に価格が4ケタ台まで高騰する場面があり、その後調整としましたが、ほとんどのアルトコインがビットコインの値動きに連動しているのに対し、モナコインは独自の動きをすることもあります。

秋葉原には海外からの観光客も多いですし、これからも注目されるコインです。

昨年の仮想通貨が明けて、今年はやはりアルトコインの年になるでしょう。

あえて時代遅れな属性を取り入れて成功に結びつけたリップル

仮想通貨市場は2018年初頭現在、数百億円単位のネム流出事件などがあり一時的に相場の上昇にストップがかかっていますね。

ですが小売店での決済の使用や、企業の資金調達方法としての利用など、まだまだシェアの奪い合いすら始まっていません。

更にこれから色々なところで導入が始まり、シェアで優位に立った仮想通貨の価格は億万長者を大勢作り出すと思います。

今のところはビットコインによってごく少数の運任せに近い「億り人」が少数生まれているだけですが、2018年後半以降はそれぞれの仮想通貨のメカニズムの優位性に目をつけて投資をした人が、なるべくして「億り人」になる時期が来るでしょう。

ビットコインは開発者の国籍が、存在すら定かでないほどの謎に包まれていましたし、ブロックチェーン技術を使った暗号通貨としては現在となっては特別優秀でもありません。

ですが、ほぼ唯一の先行者だったことで数万倍という爆発的な利益を生み出しました。

しかし今後はそういうラッキーは二度と来ないと思います。

優れた機能を持つ仮想通貨が市場の皆に評価され、安定して確実に数十倍から数百倍程度の利益を生み出していくのではないだろうかという風に私は考えています。

大手の仮想通貨の中では開発者の技術が最も高いと言われているイーサリアムも十分に優秀な仮想通貨としての資格はあります。

ですが、それ以上に私が遠くない未来に社会全体からの需要が高まり、価格が上昇していくだろうと見ているのがリップルです。

リップルの特徴を上げていくと、ビットコインやイーサリアムを含めた一般的なブロックチェーン技術を使った仮想通貨とは全く異色の存在です。

リップルの技術上の相違点の中で投資に直接関係してくると思われることだけを述べていきますと、次のようなものがあります。

まずリップルにはマイニングがありませんので発行枚数は初めから決まっていて(1000億枚)当然増えることもありません。

そしてリップルの取引に関しては、台帳が分散しているので運営しているリップル社がなくなったとしても突然運営不可能になるわけではありません。

ですが中枢部分は、リップル社が担っているので大打撃を受ける可能性があります。

しかしリップル社に資金提供しているのは、Google、Apple、Microsoftその他のアメリカを代表する企業ですから機能不全を起こすというのは全世界が再起不能の大恐慌になるレベルの話ですから危険性に備える必要はないでしょう。

ちなみに日本では三菱ufj銀行が送金システムに全面的に取り入れようとしていますのでこれも注目を浴びればリップルの価格上昇につながると思います。

なぜこんなにも大企業からリップルが愛されるかというと、ざっくりと言えば一番重要な部分に最新技術を使わず、時代遅れのまままにしてあるからです。

ビットコインなどの通常のブロックチェーン技術を使った仮想通貨は、すべての取引に関して毎回不特定多数の人間が関係しその取引が正しいかどうかを確認する作業が行われます。

そういう非中央集権制があるからこそ、管理主体がいなくても通貨として通用していくし完全匿名な仮想通貨を作ることも可能なわけです。

ところがリップルの場合は、この仮想通貨を仮想通貨たる所以であるトランザクションの部分に、リップル社が思い切り介入して早く言えば、強くて信用のある者達だけによる単純化を図っています。

取引に関するすべての情報がリップル社の手の届くところにあるというのは、賛否両論を産みますが投資対象を取ってみた場合はメリット満載です。

まず匿名性が低いので、犯罪に利用されにくくなったり国家が課税しやすくもなります。

つまり日本において三菱ufjのような大きな銀行が導入するにあたっても、ためらわずに済むということです。

そしてリップルの上り調子の未来を決定づけたのが中国政府で、基本的に中国政府が中国国内での仮想通貨の流通を全面禁止しましたが、リップルに関しては決済に使うことを許可しました。

これは特別扱いというよりは、リップルが本質的に持つ取引追跡の容易さということに中国政府がなびいたのであり、基本的には三菱ufj銀行が安心して決済に持ちようとしているのと同じ理由だと思われます。

そしてリップルがブロックチェーン技術を使わなかったことに関して、批判的なスタンスで「中央集権的」と言われることもあります。

ですがその中央集権的にしたことによって、取引の判定が簡略化しビットコインが10分かかる送金を4秒で片付けることが可能になりました。

ですので、金融機関にとってはリップルはとてもありがたい存在でしょう。

いくら便利なものであっても実社会の中で導入する、強い権力を持っている人間たちが同意してくれなければ絵に描いた餅になります。

上述したようにリップルの場合は新技術と古い体制の両方の上手い折衷案として登場しました。

長期間の投資ということで考えた場合には、非常に強くて唯一無二の独特な属性を持った仮想通貨だと思われます。

日本製の仮想通貨であるモナコインとは

仮想通貨にはビットコインをはじめ、様々な種類があります。

特に最近ではビットコイン以外にも、リップルやイーサリアムなどの、アルトコインと呼ばれる仮想通貨が多く誕生するようになりました。

これらのアルトコインは、ビットコインの欠点、たとえば送金に時間がかかるなどの点が改善されており、そのため今後の伸びしろが期待できます。

アルトコインは外国でできた通貨もありますが、日本製の仮想通貨もあります。

この日本製通貨はモナコインと呼ばれています。

モナコインそのものは2013年に登場しましたが、最初はさほどに価値のある仮想通貨ではありませんでした。

そのため知名度も高くなかったのですが、2017年の秋に時価が上昇して注目されるようになりました。

このモナコインの特徴は、ブロック作成に要する時間が短く、そのためスピーディに取引ができるようになっているという点です。

ブロックというのはいわば台帳で、取引の履歴が記録されています。

ユーザー同士でこのブロックを管理・共有することを、ブロックチェーンと呼んでいます。

ブロック作成の速度が速いため、発行される枚数の上限も多くなっています。

ビットコインが2100万枚であるのに比べ、モナコインの発行総数は、1億512万枚といわれています。

またビットコイン同様、モナコインにもマイニングがあります。

多くの計算問題を一番に処理することで、マイニングに成功する仕組みになっています。

このモナコインを扱っている仮想通貨取引所は、現在のところ3つあります。

まずビットフライヤーです。

ここが取り扱いを始めたために、モナコインの時価が急騰したともいわれるほどです。

それからビットバンクがあります。

さらにザイフでも、モナコインを取り扱っています。

特にザイフは、モナコインの取引高では世界最大で、取引をすると手数料をもらうことができます。

またモナコインには、世界で初めてセグウィットが採用されました。

このセグウィットというのは、多数の送金を一度に行えるシステムです。

ビットコインが送金に遅れが出るようになったことから、このセグウィットシステムを備えたという点でも、モナコインのニーズは高くなっています。

モナコインは時価上昇後、順位を24位まで上げましたが、こういう送金面でのメリットから、今後仮想通貨の中でトップ10入りする可能性もあります。

ビットコインよりもマイナーで、発掘しやすい仮想通貨を探しているのであれば、このモナコインにしてみるのもいいでしょう。

ビットコインの欠点を補うアルトコイン

仮想通貨とは暗号通貨とも呼ばれる通貨で、安全理論を用いて取引、あるいは発行を行う通貨のことです。

これに対して、従来の通貨のことを法定通貨と呼びます。

円やドル、ユーロなどはこの法定通貨で、国や金融機関によって発行や取引が行われています。

これとは反対に、仮想通貨の場合は国や金融機関に関係なく、個人と個人の取引になります。

また紙幣や硬貨という概念がなく、すべてインターネット上の取引になります。

取引を行うには、取引所や販売所で取引を行う、あるいは法定通貨で仮想通貨を購入するという形になります。

またマイニングといって、ネット上で演算問題を処理することで仮想通貨を得ることができます。

ビットコインの場合は、このマイニングがかなり複雑で難易度が高いので、複数の人物で、性能のいいコンピュータを使って処理する必要があります。

また自分はマイニングをしなくても、クラウドに参加することで、ビットコインを手にすることもできます。

もちろんビットコイン以外にも仮想通貨は沢山あり、現在では1000種類にものぼるといわれています。

ただしそのうち実用化されている仮想通貨は、かなり限られます。

ですから実際に取引を行うことができる仮想通貨は、10種類程度です。

これらの仮想通貨で、ビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びます。

アルトコインにはリップルやイーサリアム、ライトコイン、モネロ、ネムといった種類があります。

いずれもビットコインでできないこと、ビットコインの欠点を補充することが目的で生まれた仮想通貨で、たとえば取引の速度をはやめるとか、あるいはマイニングを行う際の電力を少なくするといった点が改善されています。

特にリップルとイーサリアムは、ビットコインに次いで有名な通貨といえます。

リップルは銀行システムで使われる仮想通貨です。

仮想通貨というと、銀行の制約を受けないというイメージがありますが、このリップルは送金を速く行えるという意味で、銀行との親和性が高く、大手銀行でも採用されています。

一方イーサリアムは、取引履歴以外に、契約内容のデータをネット上に残すことができます。

また手数料が安いのもメリットです。

ポストビットコインがどの仮想通貨になるのか、それをよく考えてからアルトコインを始めてみると、意外な掘り出し物だったという可能性もあります。

ビットコインもアルトコインも、取引を始めるにはまず取引所にアカウントを作ってからになります。

ただし投機性が大きい商品でもありますので、まず自分に合った金額から始めるようにしましょう。

リップルという仮想通貨について

仮想通貨という言葉は、もう既にご存知の人も多いでしょう。

もちろん仮想通貨と一口に言っても、色々な種類があります。

その中の一つに、リップルと呼ばれる仮想通貨があります。

これは2004年に作られた通貨で、XRPという単位で表記されており、かのグーグルも出資を行っています。

通常仮想通貨というと、ビットコインに代表されるように、国家や金融機関の裏付けがなく、ネット上で取引されるものというイメージが強いです。

しかしリップルの場合はそれとは異なり、銀行間の取引を迅速に、しかも少ない手数料で行う目的であるのが特徴です。

しかも決済に関していえば、ビットコインよりも早く行えるため、ビットコインの欠点を補う働きがあるといわれてもいます。

銀行間の取引をスムーズにするために作られた仮想通貨であるため、大手の銀行がネットワークに参画しています。

実際にこのリップルを使った場合、普通では最低でも数時間かかる送金を、数秒で行うことができ、この点では他の仮想通貨の追随を許さないものがあります。

またリップルの場合は、ビットコインよりも上限額が大きくなっています。

ビットコインの場合は2100万枚ですが、リップルの場合は1000億枚です。

ただしこの2つは仕組みがかなり違います。

ビットコインの場合は0から始まり、取引のたびに2100万枚に近づて行くのに対し、リップルの場合は、最初から1000億枚が準備されており、取引が行われるたびに、その残額が少なくなって行きます。

それから購入方法ですが、リップルもビットコイン同様に購入したり、あるいは人からもらったりすることができます。

また採掘、いわゆるマイニングも可能です。

しかしここでも大きな違いがあります。

PCを利用して演算問題を処理する、ここまでは同じです。

ただしリップルの場合はその処理により、研究開発などに関与した場合に受け取ることができます。

同じ仮想通貨ではありますが、ビットコインとはこれだけ特徴も目的も異なるのがリップルです。

またビットコインの場合は、誰が作り出したのかははっきりしていませんが、リップルの場合は創業者がはっきりしています。

またビットコイン同様、リップルにも相場がありますので、投機商品として使うこともできます。

仮想通貨といえば、とかくビットコインを連想する人も多いのですが、このリップルのように、銀行間の取引をスムーズに、しかも手早く行うためのコインもまた存在するのです。

おすすめの仮想通貨

私が今おすすめしている仮想通貨はリップル、ネムコインである。

なぜこの2つの仮想通貨をおすすめしているかというとまずリップルは日本の銀行と韓国の銀行間で仮想通貨を送り合うことで送金をするシステムを導入しようとしている。

これは日韓での資金の移動を安易に行わせるシステムであり、間違いなくオリンピック付近になると使いやすい仮想通貨として需要が増えるモノだ。

韓国は元々インターネット通貨というものを否定してきた国であるがこの度仮想通貨の利用をするような動きを見せたので日韓での経済の動きがかなり大きくなっていくと思われる。

韓国が仮想通貨の規定をちゃんと定めてしまったら値段は大きく膨れると思うので今のうちにリップルという銘柄を手にしておいた方がいいだろう。

次にネムだがこの仮想通貨は中国での取引がすごく進んでいてネムコイン自体アジア進出をしようとしている。

アジア進出となると日本もアジアのひとつなので日本で使える通貨となると中国の人たちもVISAのほかの支払い方法が出来るモノが欲しいのでネムの値段は上がっていくと思われる。

去年に比べてリップルとネムも仮想通貨の中で価格がだいぶ上がってしまったのだが、まだ仮想通貨自体が日本に来て1年ほどなのでまだまだ成長の余地があり、今のうちに、ネム、リップルなどいがいにも手をつけられる通貨はたくさんあるので安い銘柄をいくつか買っておいて1年から二年程置いておいたら八倍くらいにはなると思われるので稼ぎたいって言う人は今のうち買った方がいいと思う。

私は始めた時期が去年の十一月頃でしたが初めに10万ほどお金を入れて現在は15万ほどになっている。

一度22万にまでなっており、最近一気に下がったのでできる限り早めに買っておいた方がいいので、先程書いた通り早めに買っておいた方がいいよ。

仮想通貨は初期の株と一緒で初めの方は需要がなくてもだんだん需要ができてきて、私達が欲しいと思った頃には値段がすごく大きくなってしまいます。

この仮想通貨は堀江貴文こと通称ホリエモンも大絶賛しており。

この内容を見て信用できない方は堀江貴文さんの出しているブログや、堀江貴文さんの動画を見ていただきたい。

どんなものにも言えることだが、仕事だってエントリーシートを書かなければお金を稼ぐことは出来ないので、迷うのなら低額からでも始められるので低額で始めてみて仮想通貨取引をやってみて欲しい。

それで味をしめたらだんだん値段を上げたりして今の生活が変わるくらい稼いで行って貰いたい。

みんな誘う人は詐欺とかではなくやる人が増えたらそれだけ需要が増えて値段が上がるからみんなで得をしようとしているだけなので迷うくらいならやってみてはどうでしょうか。

アルトコインとはどのようなコインのことでしょうか

アルトコインというのをご存知でしょうか。

いわゆる仮想通貨の一種ですが、仮想通貨の代表的存在ともいえるビットコインとはまた異なります。

アルトコインとはオルタナティブ・コインの略称で、代替となるコインのことです。

この代替とは、ビットコインの代わりになるという意味で、そのためビットコイン以外の仮想通貨を、このように呼んでいます。

そもそもビットコインは採掘(マイニング)によってコインを入手して行きます。

そのためにはコンピュータで計算問題を処理する必要があるのですが、上限枚数が2100万枚と決まっており、上限に近づくほど難易度も上がって行くことから、その代わりの仮想通貨が作られるようになりました。

そのアルトコインには、リップルやイーサリアムなどがあります。

リップルはビットコインとは異なって、創業者が誰であるかがはっきりしています。

またネット上の取引主体というよりも、銀行の送金を手早く行うための仮想通貨という位置づけで、そのため大手銀行が、このリップルを使うシステムを採り入れています。

それからイーサリアムですが、この仮想通貨の特徴はスマートコントラクトです。

スマートコントラクトというのは、取引上の契約を自動的に保存しかつ実行して行きます。

たとえばある人に送金をした場合、ビットコインでは取引がブロックチェーンで管理されますが、イーサリアムの場合は、その内容も一緒に管理されます。

これらのデータをネットワーク上で保存でき、しかも改竄することができないため、信頼がおける仮想通貨となっています。

そしてライトコインがあります。

このライトコインは、ビットコイン公開から2年後に作られた、日常利用を目的とするアルトコインで、送金時間がビットコインに比べてかなり短縮されています。

ただし時間が短縮される反面、安全性に問題ありともいわれています。

ただ今ではさらに時間が短縮される仮想通貨も登場していますので、今後の改善が期待されるところです。

その他にもアルトコインは数多くあり、現在知られているのはほんの一部に過ぎません。

先行のビットコインの欠点を補う形で登場したものが多く、今後は仮想通貨によっては、大きく発展する可能性もあります。

またリップルのように、普通の仮想通貨とはちょっと違った目的に使われるものもあります。

アルトコインをはじめとした仮想通貨を始める場合は、自分のニーズに合わせたもの、安全性が高く、割安で購入できるものをチェックしたうえで、始めるようにしましょう。

アルトコインの買い方や将来性って気にらない?